植物工場

植物工場(これからの時代を視野に入れた農業の実現のため 植物工場ソリューションをご提案します。)

植物工場は室内空間において、主に水耕栽培によって植物を計画的に生産するシステムです。温度と湿度を一定に保った栽培環境において、病害虫などの侵入を防いだクリーン環境で栽培することにより、安全かつ安定した植物の栽培が可能です。
藤田エンジニアリングでは長年クリーンルームなどの豊富な施工実績があり、そのノウハウを生かして植物工場の企画・設計・施工に取り組んでいます。これまでに当社研究開発室において栽培実験を積み重ね、宇都宮大学様のサステーナブル・ビレッジ内の「Plant Factory」建設工事などでの施工実績があります。
植物工場の仕組み

水耕栽培では栽培用溶液を循環させて根に養分を与えます。また人工照明にはメタルハライドランプ、ナトリウムランプ、蛍光灯、LEDなどがあり、ランニングコストおよび照度を考慮すると蛍光灯が有利ですが、最近では消費電力や発熱が抑えられるLEDが着目されています。